How to run FSL on Windows 10 using Bash on Ubuntu on Windows

FSL_on_Windows

Since Aug 2016, Bash is available inside Windows.
That means, several neuroimaging software such as FSL or AFNI can be run from Windows.

I gave a try and confirmed FSL can run on Windows 10.

Below is what I did.

  1. Install Bash on Ubuntu on Windows
  2. First of all, we need to install bash on Windows.

    There is a good tutorial on this topic, so please follow the link below.

    How to Install and Use the Linux Bash Shell on Windows 10

  3. Install Xming
  4. Next, we neet to get Xming and install it. It seems the latest version is not free, but FSL can run with free version.

    You can get free version of Xming from here.

    Installation is simple. Default setting should work.

    After reboot, run xming. Though nothing seems to happen, please check the task bar of Windows on the right bottom corner.

    xming

    If you move cursor on the icon of Xming, it shows something like “Xming Server:0.0”. We use the information “0.0” later.

  5. Install FSL
  6. Next we run bash. type

    bash
    

    in the command prompt. (You already did this when you install bash on the first step)

    Ubuntu on Windows is based on Ubuntu 14.04 LTS, so we utilize Neurodebian repository for installation.

    Type the following in the command prompt.

    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    wget -O- http://neuro.debian.net/lists/trusty.us-nh.full | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/neurodebian.sources.list
    sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver hkp://pgp.mit.edu:80 0xA5D32F012649A5A9
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install fsl
    

    (There are some mirrors of Neurodebian, so please check http://neuro.debian.net/ to find the closest mirror for you.)

    Here we do

    • Update repository
    • Update the system to the latest
    • Setup neurodebian repository
    • Get key for neurodebian repository
    • update repository again to enable neurodebian
    • Install FSL
  7. Add some lines to .bashrc
  8. Finally, type the following.

    echo ". /etc/fsl/fsl.sh" >> ~/.bashrc
    echo "export DISPLAY=localhost:0.0" >> ~/.bashrc
    

    This operation writes the following lines to .bashrc

    . /etc/fsl/fsl.sh
    export DISPLAY=localhost:0.0
    

    First line is necessary to run FSL, and the second line is to show the system where display is for GUI.

  9. Check the installation
  10. To enable change on .bashrc you need to exit bash once.

    exit
    

    Then type “bash” again.

    bash
    

    Then type

    fsl
    

    will bring up FSL menu.

    fslview
    

    will bring up FSLView.

Lin4Neuroのアップデート (14 Aug 2016)

Lin4Neuroのアップデートを行いました。

主な更新点は以下になります。

  • UEFIに対応するようにいたしました。
  • 画像解析ソフトをすべて最新バージョンにアップデートしました。
  • GitHub上にLin4Neuroを作成するスクリプトを公開しました。
  • https://github.com/kytk/lin4neuro-trusty

    これを用いればLin4Neuroを自分の使いたいようにカスタマイズしていただくことも可能かと思います。

  • 起動時画面のロゴに少し修正を加えました。Lin4NeuroがUbuntuのどのバージョンに基づいているかがひと目でわかります。

現在、Ubuntu 16.04に基づいたLin4Neuroを開発中です。できたら年末までに公開できたらと思っています。

最新版のLin4Neuroは
You can download the latest Lin4Neuro from こちらからどうぞ。

Update of Lin4Neuro (13 Aug 2016)

Lin4Neuro is updated.

Below is the points of update.

  • Now Lin4Neuro ISO is UEFI bootable.
  • All of the neuroimaging software packages are up-to-date.
  • Now I made the building scripts of Lin4Neuro publicly available on GitHub.
  • https://github.com/kytk/lin4neuro-trusty

    You can make your version of Lin4Neuro based on the repository above. I wrote instruction how to use in the repository.

  • I made some changes to the Lin4Neuro logo on splash. You will find L4N you are using is based on Ubuntu 14.04 or other.

Now I’m in the process of developing Lin4Neuro based on Ubuntu 16.04. Hopefully this version will be released by the end of this year.

You can download the latest Lin4Neuro from here.

Windows 10でFSLをネイティブ環境で起動する方法

FSL_on_Windows

2016年8月1日、Windows 10がAnniversary updateされました。
そこで、かねてから話題になっていたことですが、ついにUbuntuがWindowsに搭載されました。
ここ数年Ubuntuユーザーである私からしたら、別にどうってことないんですが、
これはWindowsで画像解析をやってきた方々には、すごく意味のある変化です。

Windows上でFSLが動かせる可能性が出てきた

ということですので。

早速、人柱的にやってみました。

普通に起動するところまでは成功しました!

  1. Windows 10 Anniversary Updateの入手
  2. まずはこれをしないことには話がはじまりません。

    Windows 10の「設定」→「更新とセキュリティ」に進んだ後、一番下にある「詳細情報」をクリックします。

    そうすると、Windows10の更新履歴のページが立ち上がるはずです。(直接左のリンクをクリックするのもありです)

    そこに「Anniversary Updateを入手する」とありますので、素直にクリックします。

    そうするとアップデートがはじまります。素直に従えば30分程度ですべて起動するはずです。

  3. Windows Subsystem for Linux(beta)の有効化
  4. 再起動後、スタートボタンを右クリックし、コントロールパネルを開きます。

    「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

    そうすると、ダイアログが開きますので、Windows Subsystem for Linux(beta)のチェックボックスにチェックを入れて「OK」とします。
    再起動を求められますので、再起動します。

  5. 開発者モードの有効化
  6. 次に、また「設定」→「更新とセキュリティ」に行きます。
    左側のメニューに「開発者向け」というものがあります。
    そこをクリックし、出てきた画面で、「開発者モード」を選択します。

    また再起動を要求されますので、再起動します。

  7. Xmingの入手
  8. 次に、Xmingを入手します。最新版はお金を寄付しないと入手できないようなので、無料版を手に入れます。
    こちらから入手できます。

    インストールはシンプルです。すべてデフォルトのままでOKです。

    早速起動します。といっても何もおきません。
    ただ、Windowsの右端のタスクバーを見ると、そこにちゃっかりといます。

    xming

    Xmingの上にマウスをもってくると、今の場合、Xming Server:0.0となっています。この0.0をあとで使います。

  9. bashの起動
  10. ここまで来たら、bashを起動します。

    まず、Windowsからコマンドプロンプトを起動します。簡単な方法は、メニュー左下の「何でもきいてください」というところに cmd とタイプすることです。
    そうすると、コマンドプロンプトが起動します。

    そこで

    bash
    

    とタイプしてください。
    そうすると、質問されますので “y” と答えると、bashのインストールがはじまります。
    そのうちに、ユーザー名とパスワードを設定するようにたずねられますので、それぞれ設定してください。

    ここでインストールされるものはUbuntu 14.04となります。

  11. FSLのインストール
  12. 次に、FSLをインストールします。

    下記をそのままコピペしてください。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    wget -O- http://neuro.debian.net/lists/trusty.jp.full | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/neurodebian.sources.list
    sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver hkp://pgp.mit.edu:80 0xA5D32F012649A5A9
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install fsl
    

    何をしているかというと、

    ・リポジトリを更新します
    ・Ubuntuを最新の状態にアップデートします
    ・Neurodebianリポジトリを有効にします
    ・Neurodebianリポジトリのための鍵を入手します
    ・上記の作業を有効にするためにリポジトリを更新します
    ・FSLをインストールします

  13. .bashrcへの追記
  14. 最後に以下をタイプしてください。

    echo ". /etc/fsl/fsl.sh" >> ~/.bashrc
    echo "export DISPLAY=localhost:0.0" >> ~/.bashrc
    

    これは

    . /etc/fsl/fsl.sh
    export DISPLAY=localhost:0.0

    という2行を.bashrcというファイルに書き込みます。

    最初の行は、FSLの起動のために必要なコマンドで、
    2行目は、GUIを起動するためにbashにXmingがどこにあるかを伝えています。
    0.0は先ほどXmingで確認した数値です。もし、自分の環境で異なっていたら適宜修正してください。

  15. 起動確認
  16. 一度bashを終了します。

    exit
    

    とタイプしてください。
    そうすると普通にコマンドラインに戻るので、改めて

    bash
    

    とタイプしてください。

    そのうえで

    fsl
    

    とタイプすると、FSLが起動しないでしょうか。

    fslview
    

    でFSLViewも起動します。

    お試しあれ。
    今後、いろいろ動きが起こりそうです。
    ここ最近何回かやってきたシェルスクリプトの講習会などもより意味を持つようになってきますね。

UbuntuにおけるAFNIのアップデート

AFNIのインストール方法は、公式ページにしたがって行えばできます。AFNIにはコマンドラインからのアップデート機能があり、@update.afni.binaries -dで基本的にアップデートもできます。

しかし、この場合、NIHから新しいバージョンのAFNIをまるごとダウンロードしてきます。wgetでダウンロードするのですが、結構時間がかかります。ブラウザのアドオンについてくるダウンローダで入手するほうが短時間でダウンロードします。

https://afni.nimh.nih.gov/pub/dist/tgz/

ここからダウンロードできます。

ダウンロードしたものを使ってアップデートする際には以下でうまくできます。

インストール先を /usr/local/afni/bin
ダウンロードしたものが、~/Downloads/linux_openmp_64.tgz だとすると、
以下のようになります。

sudo /usr/local/afni/bin/@update.afni.binaries       \
     -bindir /usr/local/afni/bin/                    \
     -local_package ~/Downloads/linux_openmp_64.tgz 

私の場合、/usr/local/afni/binにインストールしたかったので、sudoを使っていますが、デフォルトの~/abinの場合には、sudoは必要ありません。

現在のバージョンは

afni -ver

で簡単に確認できます。

Matlab R2016aでも動作するための修正版spm_figure.m

過日、Matlab R2016a日本語版では、SPM12を起動するときにエラーが出るという記事を投稿しました。その後、修正版spm_figure.mがあるという情報をいただき、さらに、開発者のGuillaume Flandinからも了承をいただきましたので、ここに修正版spm_figure.mを公開します。

修正方法は簡単で、下にあるspm_figure.mをダウンロードしていただき、SPM12の中にあるspm_figure.mと置き換えていただくだけです。
心配な方は、まず現在のspm_figure.mをspm_figure.m.origなどに修正してから置き換えられるとよいかと思います。

なお、Guillaume Flandinからの情報だと、この修正は、次のSPM12のアップデートで適応されるとのこと。
次のSPMアップデートが出た時点で、私のウェブサイトからの配布は終了します。

修正版spm_figure.mをダウンロード

SPM12でのreset origin

SPM12から、Display機能にあったReset Originがなくなりましたが、
先ほど、SPMのMLで、コマンドが紹介されていたので、紹介します。

spm_image('resetorient');

spm_imageで、SPMのDisplay機能を呼び出すことができるのですね。
そして、引数に’resetorient’を指定することでオリジン情報をクリアできます。

これは、とんでもない位置合わせをやってしまった時に、元に戻す便利な機能なので、共有しておきます。

FSLを用いたシェルスクリプト演習:3次元脳MRIの水平断一覧画像の作成

あるプロジェクトにおいて、「MRI画像の一覧画像を作成してもらいたい」という依頼を受けました。

イメージとしては、下記のようなものです。

LB_example

以前、FSLのシェルスクリプトチュートリアルを翻訳していた際に、演習に
Lightbox Viewerがあったのを思い出して、改めて、それを見ながら、さらに機能を追加したスクリプトを考えてみました。

作成しながら勉強になることがいくつもあったので、細かくわけてみたいと思います。

続きを読む

Ubuntuのapt-get updateで「ハッシュサムが適合しません」と出た時の対処法

先日、Ubuntuでapt-get updateを行った所、以下のエラーに遭遇しました。

W: http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/trusty-updates/main/source/Sources 
の取得に失敗しました  
ハッシュサムが適合しません

このような場合の解決法がいくつか提示されています。よくみられているもののひとつに、Ubuntuフォーラム内の投稿があります。

これでいいのですが、本質は何か考えてみました。

本質は、

/var/lib/apt/lists

の中にあるファイルとの比較で失敗しているようです。

したがって、消せばいいのは、この中身で、apt-getはその下にあるpartialディレクトリがなかったら自動で作成してくれます。

なので、やればいいのは、たった一つです。

$ sudo rm -r /var/lib/apt/lists/*

これでapt-get updateを行えば問題は解決するはずです。

自分の備忘録として残しておきます。

Matlab R2016a日本語版では、SPM12を起動するときにエラーが出る

タイトル通りなのですが、

Matlab R2016a日本語版では、SPM12を起動しようとするとエラーが出ます。

詳しい現象は、こちらに説明されていますので、下記をご覧ください。

SPM12がMATLAB R2016aで動かない

こちらに解決法が書いてあり、「デスクトップの言語を英語にする」と書いてあります。

Linuxではこれは簡単です。

ターミナルを起動し、

LANG=C matlab &

で英語環境でMatlabが起動します。

Macで同じことができるかと思ったらダメでした。
Macでは、ターミナルでLANG変数を変更しても、Matlab起動時に無視されてしまうとのこと。Mathworks本家が言っているのでどうしようもないです。

Mac プラットフォームのロケール設定

決して賢くはないですが、なんとかする方法がわかりましたので書いておきます。

Matlabを起動する前に、

システム環境設定→言語と地域

で、優先する言語を”English”にします。

そして、そのウィンドウを閉じようとすると、再起動しますかと聞かれますが、再起動しなくてOKです。

そこで、Matlabを起動すると、英語モードで起動します。

そうすると、SPMは問題なく起動します。

終わったあとに、もう一度 System Preferences… で同様にJapaneseを優先言語にもってきます。

これで終了すれば、日本語に戻ります。

もっとスマートな方法があるかと思いましたが、ありませんでした…。

今後、時間があるときに、SPMのMailing listにバグ報告を出しておこうと思いますが、
一番の対策は、Matlab R2015b以降にはしばらくアップデートしないということになります。

ご参考まで。

Ubuntu 16.04 における plymouth

Ubuntu 16.04になってから、Plymouthの挙動が変なので、いろいろ調べたところ、以下のことがわかりました。

これまでは、テーマは、/lib/plymouth/themesの下に保存されていましたが、これからは、/usr/share/plymouth/themesの下に保存されるようになったようです。

したがって、自作のテーマを使いたい場合、以下を行う必要があります。今、テーマはmytheme/mytheme.plymouthと仮定します。

  • 自作の mytheme.plymouth の中のファイルのパスを “/lib/plymouth” -> “/usr/share/plymouth” に変更
  • update-alternativesで新たにdefault.plymouthを設定
  • $ sudo update-alternatives --install \
    /usr/share/plymouth/themes/default.plymouth 
    default.plymouth \
    /usr/share/plymouth/themes/mytheme/mytheme.plymouth 100
    
  • テーマの変更
  • $ sudo update-alternatives --config default.plymouth
    
  • システムに反映
  • $ sudo update-initramfs -u
    

場所が変更になったことだけ頭においておけば、そこまで悩む必要はなさそうです。

FreeSurfer前処理結果のQuality Check

FreeSurferのrecon-allで前処理を行った後、Quality Checkを行うことはとても大事です。

広島大の北村先生と一緒に、やり方を確認しました。北村先生がまとめてくださいましたので、その方法を以下に記します。

原典はFreeSurferのホームページを参考にしています。
https://surfer.nmr.mgh.harvard.edu/fswiki/FsTutorial/OutputData_freeview

続きを読む

FreeSurferをインストールした後の第一歩

FreeSurferをインストールした後、自分のデータを用いてどうしたらいいか困る人が多くいます。

まず、1例を試してみるといいと思います。

以下のようにされてはいかがでしょうか。

  1. ターミナルを開きます。
  2. 画像があるディレクトリに移動します。
  3. たとえば、画像が、/Users/foo/img_dataにあるとすれば、

    $ cd /Users/foo/img_data/
    

    となります。

  4. 画像の被験者IDを決めます
  5. FreeSurferでは実はこれが大事です。ここをきちんとしていないと、話が次に進みません。

  6. 以下の書式でコマンドをうちます。
  7. $ recon-all -s 【被験者ID】 -i 【NIFTI画像ファイル】 -all
    

    今、被検者IDがHC001、NIFTI画像がV_HC001.niiだとすると、

    $ recon-all -s HC001 -i V_HC001.nii -all
    

    となります。

これでしばらく待ちます。私の最近のPCでは、9時間程度で1例の処理が終わります。

もし、複数例あって、きちんとIDと画像ファイル名がしっかり対応ができているならば、
以下のようなスクリプトがかけますね。

画像がすべてV_[ID].niiになっているとするならば…

#!/bin/bash
#FreeSurfer preprocessing script using nifti files.

for id in "$@"
do
    recon-all -s $id -i V_${id}.nii -all
done

という感じになりますね。

出力ファイルは、$SUBJECTS_DIRに出力されます。
私の場合、
$SUBJECTS_DIRはホームディレクトリの下のfreesurfer/subjectsにしてあります。
この設定の仕方は、こちらをご覧ください。

どこにあるかすぐにわからなかったら、以下をしたらいいと思います。

$ cd $SUBJECTS_DIR

ここに先ほど入力したIDがあります。その中にいろいろ入っています。

$SUBJECTS_DIRはHDDの容量をくいますので、十分なスペースを確保しないと容量不足に陥りますのでご注意ください。

LinuxでUSBメモリをNTFSにフォーマットにするコマンド

先日、USBメモリに4GBを超えるファイルをコピーする必要がありました。
Windowsユーザー、Macユーザーも使うUSBメモリなので、NTFSフォーマットがよいと考えました。MacユーザーもNTFSは標準で読み取りはできますので。

これまで、フォーマットするときにGPartedでやっていました。GUIで簡単ですから。

しかし、今回は、NTFSフォーマットだけでなく、ボリュームラベルも変更する必要がありました。Gpartedでは、これは2段階(NTFSへのフォーマットとラベルの設定)になってしまうので、もっと簡単な方法はないかと思いました。

検索してなかなかすぐに見つけられなかったのですが、以下の方法が簡便とわかったので、紹介します。

  • USBメモリのデバイス名の確認
  • Linuxでは、USBメモリは、/dev/sdc1とか/dev/sdb1などに割り当てられます。どこに割り当てられたかを確認する必要があります。方法として、dmesgを使う方法と、fdisk -lを使う方法があります。

    • dmesg
    • USBメモリをPCにさした時点で、端末に

      $ dmesg
      

      とタイプします。そうすると、以下のようなメッセージが出てきます。

      [ 8939.172114] usb 3-2: New USB device found, idVendor=054c, idProduct=05bb
      [ 8939.172119] usb 3-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
      [ 8939.172120] usb 3-2: Product: Storage Media
      [ 8939.172122] usb 3-2: Manufacturer: Sony
      [ 8939.172124] usb 3-2: SerialNumber: EBA5A08FFF1748
      [ 8939.712192] usb-storage 3-2:1.0: USB Mass Storage device detected
      [ 8939.712398] scsi3 : usb-storage 3-2:1.0
      [ 8939.714168] usbcore: registered new interface driver usb-storage
      [ 8939.717329] usbcore: registered new interface driver uas
      [ 8940.957656] scsi 3:0:0:0: Direct-Access     Sony     Storage Media    0100 PQ: 0 ANSI: 6
      [ 8940.957872] sd 3:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
      [ 8940.958666] sd 3:0:0:0: [sdc] 30507008 512-byte logical blocks: (15.6 GB/14.5 GiB)
      [ 8940.959280] sd 3:0:0:0: [sdc] Write Protect is off
      [ 8940.959282] sd 3:0:0:0: [sdc] Mode Sense: 43 00 00 00
      [ 8940.959779] sd 3:0:0:0: [sdc] Write cache: enabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
      [ 8940.964615]  sdc: sdc1
      [ 8940.966528] sd 3:0:0:0: [sdc] Attached SCSI removable disk
      [ 9741.422259] usb 3-2: USB disconnect, device number 2
      

      ここにUSBとかsdcとか出てきますね。
      これで、/dev/sdcが割り当てられたとわかります。

    • fdisk -l
    • もうひとつの方法はfdiskを用いることです。-lオプションで、デバイスの一覧を表示します。

      $ sudo fdisk -l
      

      とすると、今度は次のように表示されます。

      Disk /dev/sdc: 15.6 GB, 15619588096 bytes
      ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 1898, 合計 30507008 セクタ
      Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
      セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
      I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
      ディスク識別子: 0xc3072e18
      
      デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
      /dev/sdc1              48    30507007    15253480    c  W95 FAT32 (LBA)
      

      この方がわかりやすいですね。いずれにしても、/dev/sdc1がUSBメモリのパーティションだということがわかります。ちなみに、sdc1の1はパーティションの番号で、USBメモリの場合、たいていパーティションは1つなので、sdc1がUSBメモリのパーティションになります。

  • NTFSへのフォーマット
  • ここでは、mkfs -t ntfsというコマンドを使います。そして、ラベルは、-Lというオプションですので、以下のようにタイプします。
    (mkfs.ntfsとmkfs -t ntfsは同義です)

    $ sudo mkfs -t ntfs -L usbdisk /dev/sdc1
    

    そうすると、フォーマットがはじまります。もし、クイックフォーマットにしたい場合は、-Qをつけて、

    $ sudo mkfs -t ntfs -Q -L usbdisk /dev/sdc1
    

    とします。(通常はこちらの方が現実的です)

  • ファイルシステムの確認
  • ふつう、する必要はありませんが、きちんとNTFSに変換されたか知りたい人もいることでしょう。

    その場合は、以下のコマンドをタイプします。

    $ sudo parted -l
    

    そうすると、以下のようなメッセージが表示されます。

    モデル: Sony Storage Media (scsi)
    ディスク /dev/sdc: 15.6GB
    セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
    パーティションテーブル: msdos
    
    番号  開始    終了    サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
     1    24.6kB  15.6GB  15.6GB  primary  ntfs              lba
    

    きちんとファイルシステムがntfsになっていることが確認できました。

覚えておくと便利なFSLViewのオプション3つ

FSLViewを使うと、2つの画像を簡単に重ねあわせて表示できるわけですが、その際に様々なオプションを組み合わせることで画像をわかりやすく見せることができます。

主に3つ覚えておけば、結構いけるなと思いましたので、その3つを紹介します。

その3つとは、

  • -l (Lookup table)
  • -b (Brightness)
  • -t (Transparency)

です。

続きを読む

AFNIの3dresampleを使った画像のボクセルサイズの変更

これまで、MRI画像のボクセルサイズを変更する時に、簡単な方法がないなと思っていました。

コマンドひとつで簡単にできないかなといろいろ検索したところ、AFNIの3dresampleというプログラムに行き着きました。

書式は簡単です。
たとえば、ボクセルサイズを2mm x 2mm x 2mm にしたいとしたら、

$ 3dresample -dxyz 2 2 2 -prefix 出力画像 -inset 入力画像

となります。

入力画像、出力画像、ともにNIFTI画像(.nii, .nii.gz)が使えます。

FSLViewやITK-SNAPでは、2つの画像を重ねあわせる時、ボクセルサイズが一致していることが必須ですので、これを知っていることで、作業が簡単になるかもしれません。

続きを読む

Lin4Neuroのメジャーアップデート (18 Jan 2016)

時間がかなりかかってしまいましたが、Lin4Neuroのメジャーアップデートを公開しました。
見た目は変わっていませんが、システムは相当変わっています。

  • 今後、Lin4NeuroはUbuntuのmini.isoをベースに、XFCE 4.12を搭載していきます。メモリ使用量は起動時は300MB未満です。
  • これから公開していきますが、Lin4Neuroの作成スクリプトを準備しました。どうやってLin4Neuroが作られているのかを確認できます。

現時点で、以下のパッケージが収載されています。

  • 3D Slicer
  • AFNI
  • DSI Studio
  • FSL
  • ITK-SNAP
  • Mango
  • MRI Convert
  • MRIcroGL
  • MRIcroN
  • Virtual MRI

今後のアップデートで、その他のソフトウェアも収載予定です。

最新版のダウンロードは、 こちらからどうぞ。