Bashの様々な設定は、.bashrc ではなく .bash_aliases に書くと事故が防げる

先日、あるスクリプトを書いている中、.bashrcに追記する内容を書いた時に

echo "something" >> ~/.bashrc

と書くべきものを

echo "something" > ~/.bashrc

と誤って書いてしまい、テストでスクリプトを走らせて .bashrc を確認したところ、

something

の一語だけになっており、顔から血の気がひくという経験をしました。

幸いなことに他のシステムの .bashrc をもってきて事なきを得たのですが、
このインシデントに対し、解決策を調べようと思い、.bashrcを見直したところ、以下の記載がありました。

# Alias definitions.
# You may want to put all your additions into a separate file like
# ~/.bash_aliases, instead of adding them here directly.
# See /usr/share/doc/bash-doc/examples in the bash-doc package.

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi

意訳します。

# エイリアスの定義
# このファイルに何か追加したい場合、直接追加するのではなく、
# ~/.bash_aliases のような別のファイルに記載したほうがいいかもしれません。
# 詳しくは bash-doc パッケージにある /usr/share/doc/bash-doc/examples をみてください。

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi

Alias definitions となっていますが、これは、aliasで設定する(いわゆる)エイリアスではなく、
.bashrcのエイリアス(別ファイルとでも言った方がいいのでしょうか)という意味ですね。

まさに私の望むものがありました。

早速、ホームディレクトリの下に、 .bash_aliases というファイルを作成し、
この中にいつもだったら .bashrc に記載する様々な設定を書いたところ、
(もちろんですが、)問題なく動きました。

ということで、

「Ubuntu で .bashrc に追加記載するものは、すべて .bash_aliases に記載すると事故が防げる」

ということを学びましたので、共有させていただきました。