ARMベース「Apple M1」搭載のmacbookでは、2020年11月時点ではFSLは動きません

  • 2021年8月時点ではFSLはApple M1に対応しました。

Appleは11月17日からCPUをこれまでのIntelからARMベースのApple M1を搭載したmacbookを発売しました。

脳画像解析をされる方は注意してもらいたいのですが、2020年11月18日現時点で、FSLはApple M1には対応していません。対応までに数カ月かかるとFSLのメーリングリストで中の人がおっしゃっていました。

その他にも未対応のソフトは多くあると思われるので注意してください。

個人的には、macに関しては「ちょっと枯れてから」がいいと思っています。

Print Friendly, PDF & Email

2 thoughts on “ARMベース「Apple M1」搭載のmacbookでは、2020年11月時点ではFSLは動きません

  1. It is true that FSL does not run natively on the M1. However, the translated applications perform very well. Many scientific libraries used by R and Python (e.g. NumPy) will need to wait for a native fortran compiler, and it may take months for gcc to support OpenMP on natively on these systems. On the other hand, all the tools perform reasonably well in translation, and native single-threaded code performs very well indeed. I compare the M1 to other CPUs using neuroimaging tools and data here https://github.com/neurolabusc/AppleSiliconForNeuroimaging

    • Dear Chris,

      Thank you veyy much for your comment and let me know your excellent post!
      (Sorry that I didn’t notice your comment until now…)

      Kiyotaka

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください