MacOS High SierraでVirtualBoxのインストールに失敗する時の最終的な対処法

MacOS High Sierraから、セキュリティが以前よりも厳しくなりました。
これによっていろいろなソフトウェアをインストールする際の手順がめんどくさくなりました。

VirtualBoxも例外ではありません。

VirtualBoxのインストーラーをダウンロードして、インストールを開始しようとすると、以下のような警告が出ます。

ここであわてずに、Macのメニューから、

「システム環境設定…」→「セキュリティとプライバシー」を選択します。

そうすると、「一般」のタブのところに、VirtualBox.pkgは開発元を確認できないため、開けませんでした。と出ますが、「このまま開く」をクリックします。

そうすると、セキュリティ的に例外が追加され、インストールがすすむようになっています。

しかし、まれに、この手続きをとってもインストールに失敗してしまうことがあります。

インストールの最後にこのような悲しい画面が出てきます。

ソフトウェアの開発元に聞いてくださいとありますが、VirtualBoxのフォーラムを一生懸命探しても、上記の、セキュリティの話しか出てこず、それ以上の情報は何もありません。

いろいろ苦戦した結果、最終的な解決策として、「システム整合性保護 System Integrity Protection (SIP)」を一時的に無効にするという方法が有効でしたので紹介します。

まず、インストールに失敗したVirtualBoxをアンインストールします。
VirtualBoxのインストーラーにVirtualBox_Uninstall.toolがありますので、これをダブルクリックします。
パスワードを聞かれたらログインパスワードを入力すると、削除されます。

そうしたら、一度、Macをシャットダウンします。

そして、リカバリーモードで起動します。
(ここからのスクリーンショットは、こちらから引用させていただきます)

リカバリーモードに入るには、”⌘”キーと “R”キーを押しながら、電源を入れます。RecoveryのRで覚えておくといいでしょう。

以下のような画面になります。

ここで、上のメニューにある「ユーティリティ」から「ターミナル」を選択します。

ターミナルが起動するので、そこに

csrutil disable

とタイプします。

“Successfully disabled System Integrity Protection”と表示されるのを確認して、再起動します。

そして、再度VirtualBoxをインストールします。そうすると、今回は問題なくインストールされると思います。

その後、再度、SIPを有効化します。再びリカバリーモードでターミナルを起動します。

そうしたら、今度は、

csrutil enable

とタイプします。

これで、再度SIPを有効にすることができました。

MacOS High SierraでVirtualBoxのインストールに困った方は、ご参考まで。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください