UbuntuでXPSファイルをPDFに変換する方法

Windowsでは、PDFに対抗してXPS形式という形式でファイルを出力することができます。
今はMicrosoft OfficeならばPDFに直接書き出すことができますが、それ以外のソフトウェアでは、WindowsではAdobe Acrobatやその他のPDFに出力することができるソフトウェアを使わないと直接PDF出力ができません。その点、XPS形式ならばどんなソフトウェアからも出力することができます。

出張先で、プリンタがなく、アクセスできるWindowsにPDF出力機能がない場合、XPSをとりあえず出力して、
Ubuntu側でXPSをPDFに変えられるのではないだろうか?と思いました。

そうしましたら、見つけました。その名もxpstopdfというコマンドです。
これは、libgxps-utilsというソフトウェアに入っています。

インストールは簡単です。

$ sudo apt-get install libgxps-utils

使い方もいたって簡単です。
foo.xpsを変換したいならば、

$ xpstopdf foo.xps

で、foo.pdfが出力されます。

気をつけなければいけないのは、ワイルドカードは使えないということです。

xpstopdfの使い方が、

xpstopdf 入力ファイル [出力ファイル]

となっていて、出力ファイルの名前を変更したかったら、その後に書くようになっていますので、

もし、foo1.xps, foo2.xps という2つのファイルがあるとすると、

xpstopdf foo*.xps

は、xpstopdf foo1.xps foo2.xps

となり、foo2.xpsはファイル名こそXPSファイルですが、実質はfoo1.xpsをPDF化したファイルになってしまいます。

とにもかくにも、これで、WindowsのファイルはとりあえずXPSで書きだしておけばちょっとした工夫でPDFに変換できるということがわかりました。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください