Lin4Neuroの入手

  1. ダウンロード

    Lin4Neuroのisoイメージは こちら から入手できます。

    32ビット版、64ビット版の双方が利用可能ですが、お使いのPCのCPUが64ビット対応ならば(最近のPCはほとんどが64ビットCPUです)、64ビット版をおすすめします。64ビットのOSではメモリ不足の問題が少なくなります。ISOイメージは約2GBあります。このため、ダウンロードにはしばらく時間がかかることをご容赦ください。

    また、ファイルサイズが大きいため、通常のダウンロードでは、正しく保存されないことが複数報告されています。FirefoxのアドオンであるDown Them Allなどのダウンローダーを使って保存することをおすすめします。近日中に方法をアップします。

  2. Lin4Neuroのセットアップ

    ISOイメージファイルをダウンロードした後、Lin4Neuroを使えるようにするにはいくつか方法があります。

    • ブータブルUSBメモリを作成する(おすすめ)

      Lin4NeuroはUSBメモリにインストールすることができます。Lin4Neuroは2GBをこえていますので、4GBのUSBメモリをご用意下さい。それ以上大きいものを使ってもメリットはあまりありません。

      具体的な方法はPDFで公開しています。こちらをご参照ください。

    • 仮想化ソフトを使う

      Lin4NeuroはVMwareやVirtualboxといった仮想化ソフトで動作させることができます。Lin4NeuroのisoファイルをDVDメディアとして指定していただければ、仮想マシンにインストールすることができます。

      こちらも具体的な方法をPDFで後悔しています。こちらをご参照ください。

    • DVDに焼く(おすすめできません)

      おすすめできないものの、これはもっとも簡単および確実な方法です。 “Imgburn” (Windows) や “cdrecord” (Linux) を使ってISOイメージをDVDに焼きます。このDVDにを用いてPCを起動すれば立ち上がりますが、スピードはDVDドライブの速度によりますので、おすすめできません。ただし、PCによっては、USBメモリからの起動に対応していない場合もありますので、そのような場合にはDVD起動という方法もあることをご存知でいていただけたらと思います。

  3. Lin4Neuroの起動
    • DVDやUSBメモリからの起動

      PCのメーカによって変わりますが、PCの電源を入れた後に”F12″か”F11″を押してみて下さい。うまくいくと、起動メディアを選択する画面に切り替わります。それができなければ、BIOS画面で起動を指定する必要があります。機種により異なりますので、お使いのPCのマニュアルをご参照下さい。

    • 仮想化ソフトからの起動

      仮想化ソフトからの起動は簡単です。仮想化ソフトにLin4Neuroをインストールした後、Lin4Neuroを起動させれば、1分以内にLin4Neuroが立ち上がります。

次へ:Lin4Neuroの使い方

2 thoughts on “Lin4Neuroの入手

  1. 平素より Lin4Neuro を VMware環境で便利に使わせて頂いています。
    現在、Windows と CentOS の dual boot で運用していますが、ここに Lin4Neuro を加えて triple boot で運用することは可能でしょうか?
    triple boot でのご経験、情報をお持ちでしたらご教示下さい。

    • 下地先生、ご質問、ありがとうございます。

      結論から言うと、全く問題ないです。
      ただ、ひとつ気をつけなければいけないのは、どのOSのboot loaderを使うかです。
      ハードディスクを3分割し、
      A: Windows
      B: CentOS
      C: Lin4Neuro

      としていただくとして、
      最後にインストールするのがLin4Neuroだとすると、
      デフォルトのままでは、Lin4Neuroが/dev/sdaにGRUBをインストールします。
      そうすると、Windows, CentOSをともに認識しますが、Lin4Neuroがデフォルトに来てしまいます。それを気になさらなければ、いいのですが、もし、CentOSのGRUBを使いたい場合には、

      ・Lin4Neuroをインストールした際に、ブートローダーはインストールせず、インストール後にCentOSからupdate-grubによって、Lin4Neuroを認識させる
      ・Lin4Neuroをインストールした際に、ブートローダーをインストールして、インストール後にCentOSからupdate-grubによって、CentOSのupdate-grubによって、CentOSのGRUBを使用するようにする

      といったことができるかと思います。

      ちなみに、私は、現在、Lin4Neuroの開発のために、ひとつのハードディスクを4分割して、

      ・Debian
      ・Lin4Neuro日本語版
      ・Lin4Neuro英語版
      ・テスト用Lin4Neuro日本語版

      の4つをインストールして運用していますが、上記GRUBにさえ気をつけていれば問題なく使えています。

      以上、よろしくお願いします。

コメントを残す